私が会社員をしない理由 〜みなし残業なんてくそくらえ〜

私は、現在フリーランスで仕事をしています。

ですが、フリーランスでもどうしても苦しいときもあります。

いろいろな所で顔を出したり、どうしても苦しい時はアルバイトや派遣でWeb業界に行ったりします。

これを自分で言うのもなんですが、かなり優秀です。
人の2倍は仕事をします。

そして絶対その会社で言われることは。

「うちの会社で正社員になってほしい」

まぁ当然ですな。

ですが、私は全てお断りしています。

フリーランスが好きと言うのもあるのですが、絶対これだけは譲れないというポイントがあるんです。

会社員時代、みなし残業制度により殺されかけた

大阪へ来て数ヶ月のとき、会社員になるためにさまざまな会社へ面接に行っていました。

その中で、とある中小企業に拾っていただきました。

もちろん、Webデザイナーとしてです。

その中の契約で、

Web制作は時間が読めない業務だから、みなし残業制度を適用させます。
あなたの残業時間は、入社したてだから20時間です。
その分は、必ず支払います。

それ以上は、知りません。
自分でなんとかしてください。

という契約です。

ですが、私一人でどうこうできるような業務内容ではないことは、仕事を開始してわかりました。

朝は10時に出勤し、日が変わる時にようやく帰れるという毎日。

やったことのない営業もしたり、わけのわからないISMSの委員会に入らされたり。

残業は平均80時間、ひどいときは月120時間になることも。

それでも、残業代は支給されません。

毎日、仕事はしんどいけど、
「私がいないと会社は回らない」

そう言い聞かせて、しんどい中を動いていました。

上司にお願いしたこともありました。

残業代もっとでないのかと。
さすがに、これはひどい。

ですが、返って来た返事はこんなものでした。

「会社の業績上がってないのにそんなものできるわけがない」

なんなんでしょうね。
自分は残業代もしっかり確保して、下っ端はどうでもいいんだねぇと。

なんか、もう疲れました。

とある社長の集まりに参加したことがきっかけで、目覚める

会社員になって3年目のある日、あるグループに入るきっかけがありました。

その中で知り合った人に、言われました。

「顔死んでるで」

色々話をしていたら、私のスキルでならなんとかフリーランスでもやっていけることを教えてもらいました。

「なんで会社に在籍してるの。殺されるで」

目が覚めました。

そこで、会社を辞める旨を伝えました。

簡単でしたね。
一気に解放されました。

たまたま当たった会社が悪かった

その後、話をしているとWeb制作会社は、多かれ少なかれこのような業態ではあるけれど、残業代はそこそこ支払われるし、残業時間もさすがに120時間とかはないと。

あぜんとしました。

私、なにしてたんやろ・・・

ですが、そんなことを聞いてもトラウマは無くなりません。
もう勤め人になるのは無理ですね。

みなし残業分も、請求できた

辞めて数年してから知ったんですけど、みなし残業分も残業代として申請できるそうです・・・

もっと早く教えて欲しかった・・・

知識は、自分でつけないと自分を守ってくれないこともこれで知りました。
本気でショック。
多分300万くらいなったんじゃないの?

これから転職や、就職を考えている人へ

私は、会社に殺されかけました。

入院とか、そこまではいかなかったけれど、多分精神鑑定とか行ったら余裕で診断書出してもらえたと思います。

その頃はそんな知識なかったんだよ・・・

ですから、これからの人生を会社員で過ごそうと考えている方は、

  • 残業はほぼない
  • 業務は抱えさせない
  • 無茶な仕事を振らない
  • 残業が発生したら、必ず残業代をもらえる
  • よい人間関係が気づける会社である

ことをきちんと見極めた上で、雇ってもらってくださいね。

でないと、自分がかわいそうなことになります。
自分大事でいきてくださいね。

自分の人生なんですから。

技術系フリーランスを目指すならこの二つがおすすめ




今更ですけど
メールマガジンはじめました!

プリンセスビジョンでは、メールマガジンをはじめました。
日常にあるビジネスのタネから、しょーもないこと、大好きな乗馬や麻雀についてもつぶやきます。

ビジネス関連・麻雀関連イベント案内はこちらが一番早くなりますので、ぜひご登録いただけると嬉しいです!
ご登録お待ちしております!