メンタリストDaiGo著「倒れない計画術」を読んだ 計画実行できなくて悩む真面目な人ほど読んでほしい本

読書感想文

おはようございます。
せおゆりかです。

最近、すこぶる調子がいいです。
この本を読んで取り入れたからかな?

メンタリストDaiGo著「倒れない計画術」のご紹介です。

「計画した通りに実行できなかった・・・」と考えてしまう人にこそ読んでほしい

この本では、紹介されている実行方法が科学的に証明されていることを背景に、ロジカルに説明されています。

ですので、よくある「気合!」「意志力!」みたいな計画術ではないのがポイントです。

実際、筆者もものすごい悩んだそうで、実行するのに石橋を叩いて壊すようなくらい慎重な性格です。
そんな筆者が書いた本です。

まず間違いはないと踏んで購入しました。

今回は特に、私が気に入って取り入れているテクニックを紹介いたします。

挫折を計画していない

これは、この本を読んで初めて知りました。
ていうか、失敗の原因はここにあるんじゃないか・・・!

計画って、無理にあれもこれもって入れてしまうんですよ。

だから、倒れる。
当然です。

例えば私の場合、ブログは大体1時間前後で書き上げることが多いです。
(文字数は大体1000〜2000文字まで)
もちろん、写真を選んだりすることも含めてです。

ですが、うまくいかないことも多々ある。

なので、時間を多少余分に見積もることにより、失敗を回避できるようになりました。

目標設定をサポートするための5つの質問

目標を達成するために、どうすればいいか?と自分に問いかけます。

そうすることにより、より事前の準備・段取りがうまくいきます。

ここでは、ポジティブ思考は危険であることを伝えています。

なぜ危険なのかというと、ポジティブ思考をすることにより、思考を失敗ルートへ導いている可能性があるということです。

ポジティブ思考の失敗ルート

  1. ポジティブに考える
  2. 脳は現実とポジティブな想像の区別がつかないので、勝手に「目標をやり遂げた!」と勘違いする
  3. 行動を起こす前に、モチベーションが下がっていく
  4. 段取り通り進まず、目標の実現に失敗する

こんな失敗を避けるためにも、筆者は疑問形で問いかけることが必要と説いています。

疑問型セルフトークで現実に実行できるようにする

このような質問をすると、効果的です。

1 自分はできる!→自分は本当にできるのか?
脳が目標を現実的なものとして考えだす→目標をメジャラブルにする助けとなる
2 自分はできる!→なぜ自分はこれをしたいのか?
なぜ?と問うことで、自分の価値観を掘り下げる→コンピテントを探る助けとなる
3 自分はできる!→どのように自分はこれをするのか?
脳が目標達成のための具体的なアクションを考え始める→アクショナブルな思考を助け、プロセスが明確になる
4 自分はできる!→いつ自分はこれをするのか?
時間的なゴールを設定する→目標がさらにメジャラブルになる助けとなる
5 自分はできる!→もっとうまくやるには?
目標をより良いものへと引き上げる→よりアクショナブルなプロセスをつくることができ、具体的で実現性の高い段取りを立てる助けとなる

実際、これに沿って自分のやりたいことを洗い出しました。

実現できるためのプロセスが本当にわかりやすくなりました。

これはおすすめです。

あとひとつ!「意思決定の原則 if-thenプランニング」

この段取りを入れると、自分で必ずしないといけないといけないことをしっかりと実行できるようになります。

これは、最強の段取りテクニックと呼ばれています。

その名の通り、「もし(if)Xが起きたら、行動Y(then)をする」と前もって決めておくという方法です。

これで、かなりむだな行動が減りました。

本にも例えで書かれているのですが、実際こんな結果が出ています。

「月曜日、水曜日、金曜日が来たら、仕事の前に1時間ジムで汗を流す」と決めた被験者は91%が数週間後もジムに通い続け、逆に何も決めずに望んだ被験者の61%はジム通いをやめたそうです。

私は、水曜日はどうしてもブログ記事を書くことができないので、それ以外の曜日は●時からブログを書くと決めています。

こうすることにより、無駄な時間を過ごすことは本当になくなりました。

まだまだすごいテクニックが盛りだくさん!

ここでご紹介したのはほんの一部です。

私は、実際実行したのは上記とプラスアルファくらいです。

ですが、劇的に実行力が変わりました。

今使用しているタスク管理アプリで実行完了をクリックするのが快感で仕方ありません。

人って変わるんですよ・・・

あなたにぴったりなテクニックが他にもあるかもしれません。
ぜひ一度手にとって読んでほしい1冊です!

読書感想文

ABOUTこの記事をかいた人

大阪で広告制作(HP・LP制作、チラシ・パンフレットなどDTP制作、マンガ・イラスト・似顔絵制作)、ライティング(ブログなど記事制作代行、ニュースレター制作、セールスコピーライティング制作)、パソコンサポートをやってます。 馬が好きで仕方ありません。