ワールドカップ、日本が決勝トーナメントに出場しましたね!

祝・ワールドカップ、日本が決勝トーナメントに出場

すばらしい!
おめでとうございます。

とはいっても、私は全く観ておりませんが。
ネタとしては多少拾っているくらいです。

キャプテン翼ばりのオフサイドトラップを披露したとか、その程度?
(拾ってくるネタもどうかと)

気になったのは、ポーランド戦の日本の戦い方が卑怯だという国内外からの評価です。

日本はトーナメントに出るために戦いを放棄した?

最後の15分がそんな感じでしたよね?確か。
まともに点数を取りに行かない。
負けにいってる。

だけど、それが今回正解で、出られたというのは事実ですよね。
今回の西野監督はそこまで考えていたということです。

選手たちも、多分本当ならもっと点を稼ぎたいとか、そういうことを思っていたはず。
でも指示に従った。
結果的に、出られることになった。

決勝トーナメントにでることが第一目標

忘れてはいけないのは、この点です。
どうも世間ではそこを忘れている気がする。

出られなかったら、日本あそこでなんで点取られるんやとか、攻め方下手やとか、ボロッカスにいうはずなんですよ。

でも違うんですよ。
見てるところが。

大事なのは、トーナメントに出るということ。
出てから、全力で戦えばいい。
トーナメントは負けたら終わりだから。

文句を言う人はリーグ戦の意味わかってるんだろうか?

麻雀の大会でもそうなんですけど、
意外と、リーグ戦って戦術がモノを言いますよね?

昨年まで出場していた夕刊フジ杯で、誰と当たるか、どこと当たるかで戦術を変えたり、
うちの○○選手だとこういう戦い方だから、ここでこういくとか、
さいごのリーグ戦ではこう攻めようとか、

結構頭使っています。

GPCという年間通じてやってる大会でも、個人成績とリーグ戦成績が管理されていて、
上の人はあと何点必要かとか、ここで当たったらどうこうとか、
そういうのも考えてますよ。

(私はそれ以前の問題ですがw)

だから、日本の戦術は間違っていない。
目標を達成するためのリーグ戦なんだから、頭使ってなんとか生き延びないといけない。
それでなくとも出場国中FIFAランク最下位なんだしw

その辺りは理解してほしいなと世間には伝えたいです。

今回も、日本の勝利は個々の力ではなかった

チームプレイが光った試合でしたよね。
他の国は個の力が圧倒的に強い、
でも、日本は力を合わせてその強い個の軍団に立ち向かっていく。

毎回、見ていてその点はスカッとします。

戦略を緻密に立てて、大胆に行動する。
今回のリーグ戦は、ビジネスにも応用できそうな気がしてなかなか面白かったです。

今更ですけど
メールマガジンはじめました!

プリンセスビジョンでは、メールマガジンをはじめました。
日常にあるビジネスのタネから、しょーもないこと、大好きな乗馬や麻雀についてもつぶやきます。

ビジネス関連・麻雀関連イベント案内はこちらが一番早くなりますので、ぜひご登録いただけると嬉しいです!
ご登録お待ちしております!