プロってなんなの?と思うことがあった…日本プロ麻雀連盟のプロアマリーグ第3節に参加しました

昨日、日本プロ麻雀連盟のプロアマリーグ第3節に参加しました。

体調は最悪で、もうダメダメ。
4−3-4−4というびっくりな成績(見慣れた成績?)でした。

(体調が悪いのは、私のせいではなくまじで他人のせいなんですが、これを話すと長いのでまたいずれ)

このツイート通り、当たり牌ばっかり掴んで放銃しまくり。
満貫ってなに?の点数だし。
リーチ合戦はすべて負けまくり。
箱ラスないだけましか…

1回も上がれない回がありましたよ。
もう泣きそう。

プロってなんなの?と考えることがありました

ご存知の方が多いでしょうが、この連盟のプロアマリーグというのは、全卓にプロが必ず最低一人はいるというルールになっています。

そのプロというのも、デビューしたての方からベテランの方まで、年齢もさまざまです。

1回戦で同卓したプロはまだ慣れていないようで、最後の集計で手間取っていましたが、先輩に注意されながらもしっかりとやっっていました。

ただ!
これだけは言いたい。

若手といっても、あなた方はプロです。
同卓者のアマチュアのマナーが悪い時は、きちんと注意してください。

年齢は関係ない。
あなた方には注意する義務があります。

1回戦の同卓したアマの方が強打しまくりの男性、牌を切るときに放る男性。

マナーとしては本気で最悪です。
めちゃイライラしてました。

でも、これを私が注意すると角が立ちます。

ここでしっかりしないといけないのは、プロです。

プロは、マナーも仕込まれているはずですよね?
しっかり注意してください。

それに対して文句をいう同卓者だったら、責任者にも手伝ってもらったらいいんです。

麻雀というものは、一人でやるゲームではありません。
4人でやるゲームです。

そのせいで、麻雀から離れる人がいたら、それはあなたの責任です。

プロって、そんなところまで見られているんです。

もっとしっかりプロ意識を持って、生きてください。

相変わらず男性のマナーは最悪

麻雀って、なんで男性ってあんな上からスタイルなんでしょうか。

もういつも腹たって仕方がない。

はっきり言って、女性はあなたのプレイスタイルをしっかり見ています。

どれだけ見た目を綺麗にしても、マナーがダメなら男性としては地に堕ちています。

まとめ

どんな職業でも、プロはアマに注意できないといけません。

それは、私のようなWeb・広告系でも同じだし、麻雀プロでも同じ。

建築関係の人が、建造中の建物に近寄ると危ないから注意するのと同じものです。

それは、アマチュアにマナーを注意するのと同じこと。

そこに気づいてほしいものです。

今更ですけど
メールマガジンはじめました!

プリンセスビジョンでは、メールマガジンをはじめました。
日常にあるビジネスのタネから、しょーもないこと、大好きな乗馬や麻雀についてもつぶやきます。

ビジネス関連・麻雀関連イベント案内はこちらが一番早くなりますので、ぜひご登録いただけると嬉しいです!
ご登録お待ちしております!