引っ越しで必ずしないといけない手続きまとめ【ライフライン・銀行他】

おはようございます。
せおゆりかです。

引っ越し先は以前より寒いです。
と思ったら、朝は0度って言ってるからどうりで寒いはずです。

勘違いじゃなかった・・・

寒い中、引っ越しに関するメモを確認していたら、結構やってることが多くて、これはシェアした方がいいと思ったので、必ずしないといけない手続きをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。
(随時追記します)

引っ越しに際して必ずしないといけない手続き

1 管理会社に連絡

はい、これは必ずしないといけません。
管理会社によって、1ヶ月前か2ヶ月前か、それ以前かは違います。

きちんと契約書を確認して、管理会社への連絡は忘れないようにしましょう。

2 ライフライン

  • ガス(関西では大阪ガス)
  • 電気(関西では関西電力)

ガス・電気は最近では提供会社を選べるようになっており、各自で連絡する先は変わってきています。
私は、変更が面倒だったので上記のままでした。

引っ越し先では、ガス・電気はまとめました。
請求がバラバラなのが嫌だったので。

  • 水道局

こちらも、閉栓・開栓届を出します。
私は、今住んでいる建物は水道代が込みなので、閉栓の届けだけを出しました。

3 住所変更

郵便局へ転居届

これは先日お伝えした「e転居」が本当にオススメ!
いちいち郵便局へ行かなくてもいいんですから。

もちろん、紙ベースでしないと転居届をした気にならないという方は、行列でイライラしながら転居届を出してもいいと思います。

引っ越しが大変だったのですが、便利だった「e転居」をやっててよかった!転居届はこれからネットで出す時代

2019.01.05

クロネコヤマトへ変更届

これは私だけかな?

クロネコヤマトは、「クロネコメンバーズ」というのをやってます。
これを登録してると、お届け時間の変更などが楽にできるという嬉しいサービスです。

私は日時変更が結構多くて、重宝しています。
だから、これは必須項目ですね。

配達員泣かせの会社員に特におすすめ!ヤマト運輸のLINE@で荷物の到着指定が楽々変更できるのが神レベル

2018.10.12

ネットショッピングの住所変更

やってしまいましたよ・・・
昨日、佐川急便の営業所へ荷物を取りに行きました。

こんなことにならないように、ネットショッピングをするときは、必ず住所変更をしておきましょう。

でないと、配送業者さんにも、自分にも迷惑です。

銀行へ変更

これは各銀行によってまちまちです。
窓口でないとできない銀行、ネットで完結する銀行。

銀行についてもまとめました。

引っ越しで一番面倒な手続き…それは銀行の住所変更!あわてず対応するためにまとめてみました【メガバンク・地方銀行・信用金庫】

2019.01.11

4 その他

インターネット解約・新しい手続き

新居は今まで使っていた会社(au)が使えなかったので、新たに契約をすることになりました。

いくつかの会社が入っているので、比較検討ももちろんしました。

私は、連絡が一番早かったフレッツにしました。
(もちろんそれだけではないんですけど)

そして、以前使っていたプロバイダー(So-net)には、メールアドレスだけを残す手続きをしました。
もうメアド変更するのめんどくさい・・・

なので、メールアドレス代として月額210円払うことになりました。
これくらいは許容範囲内です。

新しいプロバイダーでは、アドレスは使わない予定です。
プロバイダーからの連絡通知用にだけ置いておく感じです。

まとめ

いかがでしょうか。
引っ越し前の手続きまとめだけでも、これだけしないといけません。

かなり面倒だったのが印象的です。

手続き自体は、ネットですべてできるのですが、電話でないとできない手続きがいくつかあり、それになんども待たされたのが印象的です。

一番待たされたのは、So-netかな!?
「ネットで解約手続きできますよ〜」っていうアナウンスが流れるんですが、明らかにメールアドレスの変更はネットではできない手続きなので、イライラしながら待っていました 笑

引っ越しの準備は、これだけではないんですよ!
覚悟しいや 笑

今更ですけど
メールマガジンはじめました!

プリンセスビジョンでは、メールマガジンをはじめました。
日常にあるビジネスのタネから、しょーもないこと、大好きな乗馬や麻雀についてもつぶやきます。

ビジネス関連・麻雀関連イベント案内はこちらが一番早くなりますので、ぜひご登録いただけると嬉しいです!
ご登録お待ちしております!